2016-09-15

coin locker navigation

短時間ですが、出張先でスーツケースを預けたい時がよくあります。

最近、東京駅では平日の午前中でも空きがないことも多く、『コインロッカー難民』になることも時々ありました。

現地に行く前に、どうにかして空きが分かるシステムはないものかと思っていたところ…

ありました!


エリアを選べば…
 

そのエリアにあるコインロッカー群の空き状況が分かります。


サイズの検索も可能。

今年4月27日の同社リリースによりますと東京駅、東京駅一番街、品川駅、新宿駅、池袋駅、舞浜駅、阪急梅田駅では上記のサービスが提供されているようです。他の日本全国の駅についてはコインロッカーの位置・サイズ案内のみのようです。

英語版も現在のところ、コインロッカーの位置・サイズ案内のみですが
リリースは先ほどの、空き状況サービスのお知らせを含め、英語でも案内が出ていました。

ハブ駅で同サービスが展開されると観光客だけでなく、出張族にも便利だと思います。

2016-08-26

PARCO theater poster

先日から一時休館となったPARCO劇場のポスター展。  
年代別のデザインや流行の遍歴も観ることができ、興味深かったです。

現在は「日本のポスターの黄金時代 60's/70's」展を開催中のようです。

2016-08-25

Calvin Ho "MEMORIES"

DESIGN 小石川にて香港ベースのグラフィックデザイナー、Calvin Ho氏が東京DESIGN小石川にて日本初個展開催。







(作品画像はギャラリー公式サイトより)



同氏が2年間、世界を旅しながら制作した作品を展示。東京でも展示開催中、制作を続ける予定。
CALVIN HO 「MEMORIES」
期間:2016年8月25日(木)〜9月25日(日)
時間:11:00〜19:00
会場:デザイン小石川
住所:東京都文京区小石川2丁目5−7 佐々木ビルB棟2階
URL:http://www.designkoishikawa.com
ーーー

2016-04-18

The Society Hotel

Design Week Portland開催に合わせ、ポートランドに行ってきました。

宿泊したのはThe Society Hotel
 入口入ってすぐ、カウンター前には…
鉛筆削りもついている…
 宿泊者のメッセージボードが。
 
こちらが創業者の4名です。

カフェ併設の1F。宿泊者以外も利用できます。
 

こちらがドミトリータイプの宿泊エリア。
 3段ベッドから。
 共同シャワー入口。3室あります。
 
扉の仕切りがあり、トイレと同じスペースです。
 このシャンプー、コンディショナーの香りがすごく好きだったんだけど、何だったかなぁ…
ドライヤーが小型でも強力なのがありがたかったです。
 共同キッチン。
 保存するものに自分のベッド番号を書いて、利用します。
ロッカーエリア。
 機内持ち込みサイズのスーツケースが余裕で入ります。
 南京鍵は自前の物が必要です。

ドミトリーエリア入ってすぐの共同スペース。
近隣の地図。
 ドミトリーエリア入ってすぐ右にある靴箱。
 靴箱そばにあるリサイクルボックス。
こちらは個室タイプ。


カフェは夜遅くまで開いています。
ディカフェもありました。
アイスのスニッカーズは近所の食料雑貨店から… 持ち込み大丈夫でした。
 
グルテンフリーのお菓子も充実。毎日配達があるそうです。
 これはココナッツケーキ。

あっ、そうそう。1Fカフェの食事をルーフに持って上がることができます。

 滞在中、毎日利用したカフェでした。
暖炉は本物の火がくべられています。
旅行者同士で情報交換したり… 普通にくつろいだり… いつもリラックスした時間が流れていました。

2015-06-01

USP, Unique Selling Proposition

先日、「外国人観光客が「笑顔で来店する」しくみ」という本を読みました。
I read a book called "how foreign tourists visit with a smile to your store" the other day.
얼마 전 "외국인 관광객이 웃는 얼굴로 방문하게 시키는 구조"라는 책을 읽었습니다.


そこには自国(例えば日本)で当たり前のことも、来日する方々にはきちんと説明すべきだ、それによって初めて消費などの行動に結びつけることができる、とありました。
The author recommends that we should explain to those who visit Japan accurately about things are so ordinary to Japanese. Otherwise it won't make them move actions such as shopping.
거기에는 자국(예를 들면 일본)에서 당연한 것도 일본에 오는 분들은 제대로 설명해야 한다, 그래서 처음 소비 등의 행동에 결부시킬 수 있다고 있었습니다.

コンビニや百貨店などで言えば、その歴史や展開店舗数など、数字などを含んで説明する。観光名所であれば、なぜそこが観光地になるほど歴史上の要所であったのか、それが今の日本文化・日常生活にどういう影響を与えているのかという点です。
When it comes to a convenience store and a department store, explaining with numbers such as the history or the number of stores. If they are historical places, why that place was so historically important and what kind of influence given to the Japanese culture now and the current daily life.
편의점이나 백화점이라면, 그 역사나 점포수등, 숫자 등을 포함해서 설명한다. 관광 명소라면, 왜 거기가 관광지가 된 정도 역사상 요소이었는지, 그것이 지금 일본문화·일상생활에 어떠한 영향을 주고 있는 건지... 이런 점입니다.

サービスもしかりで、その説明すべきポイントをUSP(Unique Selling Proposition。自分だけが持つ独自の売り)と呼ぶそうです。
You can say the same thing about the service and those points which are supposed to be explained called USP (Unique Selling Proposition).
서비스도 그렇고 그 설명할 포인트를 USP(Unique Selling Proposition)라고 부른다고 합니다.

週末、その具体例に偶然出逢いました。JR三島駅、新幹線口の売店です。
I found an example this weekend by chance. It was a kiosk at JR Mishima station (Shinkansen area).
이 주말, 그 구체예에 우연히 봤습니다. JR미시마역, 신칸센입에 있는 매점입니다.
 

「うなぎパイ」の原料と、この売店で一番人気ですよ、という点を多言語でアピールしています。Wikipediaに載っているキャッチフレーズまで説明するともう一つ越えた、という感じでしょうね(笑)
They wrote a sentence to explain that "eel pie" ingredients and it's most popular item at this store by multi-lingual. If they added Wikipedia-level trivia, it'd be even better.
"뱀장어 파이" 원료와, 이 매점에서 가장 인기있다, 그 점을 다언어로 어필하고 있습니다. Wikipedia에 실려 있는 트리비어까지 설명하면 더 재미있었을 텐데요 ㅋㅋ

でも「(自分が立ち寄った、ある)日本の売店で一番売れているお菓子だよ」と自国の友人や家族に紹介して、悪いイメージを持つことはまず無いと思いますから、これだけでもただ商品名と価格だけよりはよいのではないでしょうか。他に比べて品薄気味だったのも効果を物語っている証拠だと思います。
But even that one line explanation, tourists can get better idea about this product, can't they? Much better than just name and price. I think it works just fine since they have less stock at a shelf. It says it all.
그러나 심지어 한 줄의 설명인데 관광객들은 이 제품에 대한 더 나은 아이디어를 얻을 수 있겠죠? 다만 이름과 가격보다 훨씬 좋고, 선반에 보이는 재고가 적기 때문에 그게 판매 잘 된다고 생각합니다. 

2015-02-11

"Super local hero"

2015年1月25日。
kuluska(クルスカ)藤本彩さん(右)「この場所(LIFE&CRAFTS LAB)で、自分たちができることを」。
January 25, 2015.
Aya Fujimoto, kuluska, said "we just do what we can do at our studio (LIFE&CRAFTS LAB)."
2015년 1월 25일.
kuluska 후지모토 아야 씨 "여기서 (LIFE&CRAFTS LAB) 우리가 할 수있는 것을 꾸준히."

kuluskaさん運営のLIFE&CRAFTS LABにて、ドキュメンタリー映画『スーパーローカルヒーロー』上映。
A documentary film "Super local hero" screening at LIFE&CRAFTS LAB, which kuluska runs.
kuluska가 운영할 LIFE&CRAFTS LAB에서 다큐멘터리 영화 '슈퍼 로컬 히어로' 상영.

「動かなければ何も伝わらない」、「一人でもやる」。
"Nothing changes unless you don't take action," "I'll do it even all by myself."
"스스로 움직이지 않으면 아무 것도 전해지지 않는다," "혼자라도 할거야."

"The Runners"

以前インタビューしたプロ・ランナーが「ランニングで解決できない問題はない」と言った。ある意味正しいと思う。
The pro runner whom I've interviewed said, "there is no such a thing which can't be solved by running." I think it's true.
이전 인터뷰한 프로 러너가 "런닝으로 해결할 수 없는 문제는 없다"라고 말했다. 어떤 면에서는 옳네요.